発汗は脳卒中のリスクを減らす

中程度から激しい運動を行った結果として、少なくとも週に4回発汗することで、 ストローク 特に男性では、 南オーストラリア大学 .

雑誌に掲載された研究 ストロークそのうち、研究者らは、男性のうち、週に4回以上同じ強度で運動した人々だけがリスクが低い ストローク .

「身体活動時間の短縮による恩恵は、他の危険因子への影響に関連しています。」実際、専門家によると、活動のない人は20%多く罹患しやすいと説明 ストローク または ミニストローク 適度なまたは激しい強度で運動するために汗をかく人。

この研究は、身体的不活動がその結果の1つとして持っていることを詳述した以前の研究を支持しています。 高血圧 これは、今度は、罹患する主な危険因子の1つです。 脳卒中または脳卒中。

しかし、女性になると、 ストローク 身体活動の頻度はあまり明確ではなかった 南オーストラリア大学医学部のMichelle McDonnell教授。

この意味では、他の調査、例えば アメリカ心臓協会 1週間に2回以上速いペースで強いリズムで歩くなど運動する女性は、罹患するリスクが37%低いと説明しています。 ストローク 、その週の間に歩いていなかった人たち。

強度に関係なく、週に2時間しか歩いていなかった女性は、その危険性を低くしました。 ストローク 30%まで。したがって、専門家によると、運動は間違いなくリスクを減らすための鍵の一つです。 ストローク 男性にとっても女性にとっても、主な手段はそれを引き起こす要因を排除することですから。


映像医学: 恐怖の新事実!!お酒を飲むと尿中塩分濃度0 0%がやばい 高血圧・脳卒中・心臓病・肝臓病・腎臓病・ガンなどのリスク (十一月 2021).