応急処置キットの組み立て方法を学ぶ

予想外の状況や家の内外で発生する事故に備えておく必要があります。したがって、次のことを考慮に入れることが重要です。 薬キャビネット 設備が整っていれば、 緊急事態 .

ただし、自己投薬は危険な場合があるため、薬は医師の推奨の下でのみ使用されるべきであることを忘れてはなりません。

の不可欠な要素 薬キャビネット応急処置 彼らは:

  1. 酸素水
  2. 第96アルコール
  3. 綿
  4. 消毒ワイプのパック
  5. 調節可能な包帯のペア
  6. 滅菌ガーゼ
  7. 眉毛用小型ピンセット
  8. 温度計
  9. はさみ
  10. ヨウ素または水銀のチンキ剤
  11. バンドエイド
  12. Vendoletes
  13. 注射器

次のものを含めるのも便利です。

  1. 防腐剤
  2. 抗炎症薬
  3. 鎮痛薬
  4. 抗ヒスタミン薬
  5. 輻輳除去剤
  6. 制酸剤
  7. 制吐薬
  8. 下痢止め薬
  9. 抗生物質

あなたがあなたに含まれるであろう薬の種類について医師と相談することは不可欠です。 薬キャビネット それらを使用する正しい方法と同様に。ただし、緊急事態に対処するための一般的な推奨事項は次のとおりです。

  1. 薬キャビネット それは涼しく乾燥した場所にそして子供の手の届かないところにあるべきです。
  2. 本を持っている 応急処置 疑問を解決するのに役立ちます。
  3. 主な救急サービスと信頼できる医者の電話番号リストを持つことも重要です。
  4. あなたの内容を見直さなければなりません 薬キャビネット 少なくとも年に1回は、それであなたはそれを古い薬の店に変えるのを避けます。
  5. 薬を使うたびにラベルを読み、指示された量を服用するようにしてください。

混乱を招く可能性があるため、元のもの以外の容器に薬を保管しないでください。

何よりも、覚えておいて、医者は緊急事態を処理する方法についてあなたを導くことができる唯一の人です。 そして、あなたは自宅にいるのか、仕事にいるのか、薬のキャビネットを持っていますか?


映像医学: ルート確保のコツ(末梢静脈路確保の手順)Insert IV catheter (12月 2020).