呼気検査は糖尿病を明らかにする

の研究者 韓国科学技術院(KAIST) 糖尿病の検出のためにナノテクノロジーを使用する装置の開発に関する記事を最近発表しました。

によると キム・イルドゥ博士 開発の主執筆者は、携帯電話やタブレットに容易に適合させることができる糖尿病を検出するための呼気検査であり、それによってアセトンが患者の呼気中に検出される。

アセトンは、特定の疾患の存在を警告する揮発性有機化合物の1つです。揮発性有機化合物は、糖尿病用のアセトン、糖尿病用のトルエンなどの特定の病状を検出するための「バイオマーカー」として機能します。 肺がん または腎不全のためのアンモニウム。

ケトンの呼気またはアセトンはケトンの生成によって生成され、血糖値が異常に上昇したときにこれらの体が除去される(高血糖)肺から発生することを覚えておくべきです。

糖尿病を患っている人は、1.8ppmを超えるアセトン濃度を吐き出します(健康な人は、2〜6倍少なく吐き出します)。そのため、想定されるセンサーは、1ppm未満のアセトン濃度を検出する必要があります。他の吐き出されたガスと呼吸の湿度を区別することができるようにするため。

いくつかの他の同様の開発と同様に、これらのマーカーの存在はそれらが専門家と患者自身の両方に病気のより大きな知識とコントロールを持つことを可能にするでしょう。

呼気分析は糖尿病の検出および医学的診断のための非常に効率的な方法であり、それは侵襲的ではなく、それは速くそして経済的であり、そしてそれは汚染廃棄物を発生しない。

さらに、これらの呼気センサーは、診断される特定の疾患に適合したさまざまな触媒および半導体金属繊維を使用しているので、糖尿病だけではありません。


映像医学: 【医療動画 ケアネットDVD】Dr.前野のスペシャリストにQ!【消化器編】 サンプル動画 (七月 2021).